就学援助制度の対象になるもの

日本では小・中学校が義務教育となっていますが、家庭の金銭的な事情から義務教育でさえ満足に受けれていない家庭もあります。
そんな家庭の支援をする制度が就学援助制度です。
就学援助制度の対象になるものにはどういったものがあるのでしょう。
対象になるものは小中学校で必要となる学用品や給食費などとなります。
学校教材費や入学準備の準備費、修学旅行の積立金など、義務教育を受けるうえで必要になるお金が市町村から支給されるのです。
PTA費やクラブ活動費、生徒会費などの細々したお金も支給の対象となります。
お金がなく給食費を未納するケースが問題になったときもありました。
お金がなく支払えのに紛糾された方もいました。
その学校給食費も補助がでるので、安心して子供を学校に通わせることができます。
新学期は始まってすぐ申請用紙が配布されるので、該当者のみ申請する形になります。
この制度の対象者となるのは、生活保護世帯や住民税非課税世帯、児童扶養手当受給者ほか、経済的な理由で児童を就学させることが困難と自治体が判定した家庭です。
所得が一定水準以下の人となります。
今では小中学生の6人に1人が制度を利用しているそうで、この制度の重要さがわかります。

このエントリーをはてなブックマークに追加