就学援助制度の申請方法

経済的な事情で、子供に義務教育を受けさせることが難しいご家庭は就学援助制度を利用することができます。
自治体によって内容は様々ですが、給食費や修学旅行費用などの課外授業の免除を受けることができます。
就学援助制度の申請方法ですが、まずはお子様の担任の先生に相談する事が早いと思います。
自治体によって申請方法は変わりますが、学校の先生であれば就学援助制度のことを理解しています。
申請書類に困窮状況を記入し、該当理由を証明する書類をコピーして学校に提出します。
後日、学校を通して民生員の方が自宅に来て生活状況を確認します。
その際にも、困窮状況を説明しなければなりません。
民生員が学校に生活状況を報告してから4か月程度で審査通過の可否が連絡されます。
この段階で、給食費などの支払っていたお金は返金されます。
ただし、自治体により援助内容は変わることを理解してください。
また毎年必要書類を提出する必要があるので、安定した収入を得ることができるようになり援助が不要と判断された場合には制度の利用ができなくなります。
子供たちを健やかに育てるための制度なので、頼れるものに頼って自立した生活を手に入れるように頑張ってください。

「就学援助の申請方法」関連記事

就学援助制度の対象になるもの
日本では小・中学校が義務教育となっていますが、家庭の金銭的な事情から義務教育でさえ満足に受けれていない家庭もあります。そんな家庭の支援をする制度が就学援助制度です。就学援助制度の対象になるものにはどう... 続きはこちら
就学援助の申請理由
就学援助は小中学校において経済的に厳しい家庭が給食費や学用品などの購入費用を一部援助してくれる制度を言います。援助の対象者は生活保護方による保護対象の方やこれに準じる程度の困窮している方となっています... 続きはこちら
給食費を免除してもらうには
就学援助制度は、給食費の免除に繋がる手続きです。小学校の担任の先生か、学校に直接問い合わせして、書類を頂くことから始まります。書類には、困窮理由を記入したり、提出したりする必要があります。生活保護を受... 続きはこちら